スペインからのお便り

このサイトでは、オリエントの星さんより送っていただいたスペイン現地情報を掲載させてもらっています。オリエントの星さんありがとうございます!
スペインからのお便りコラム

ロンドン滞在記

4月30日受信
<ロンドンでの買い物事情>
 一昨日、ロンドン4泊5日から帰りました。今回は主人がお買い物券に当選したので、郊外のアウトレットにいくのが目的でした。このバイセスターアウトレットビレッジは中距離電車で1時間半くらいのところにあり、駅からはシャトルバスで5分、約60軒のブランドが軒を並べていました。

 途中の景色は緑に恵まれ、将来こんなところに家を持ちたいと思わせるような、素晴らしい環境でした。しかしながら、ポンド高ユーロ安で250ユーロ券も170ポンドに目減りしていました。

 お目当てのフェラガモはがっかりでしたが、カシミアのセーターはお買い得でした。後にロンドンのショップで価格を比較してみたら、6倍以上の違いが有りました。

 いまやロンドンの物価高は驚くばかりです。ドルは半額になり、メトロ一区間4ポンド(¥960)です。こうなるとタクシーの方が安いのでは?家族4人で気の利いたレストランの食事は、400ドルを超えたとはある友人の話です。昨年帰国の際、東京はこれほどひどくはなかったと思ったのですが・・・。

<B&Bについて>
 初めての試みでイギリス特有のB&Bに泊まりましたが、本来の部屋を更に折半してのサイズには(天井の模様から判断して)、ウサギ小屋並です。このB&Bは、いわゆる朝食付きの下宿型宿で、トイレとお風呂は共同です。

 主人のたっての要望でトイレ付きを予約したものの、其の狭さでユニットシャワー〔直径60センチ〕を浴びると、文字通り洪水になります。ダブルベッドでは寝返りも難しく、夜中に何度も落ちそうになりました。

 アメニティーはなにもなく、小さな石鹸一個のみとバスタオル各一枚づつでした。広場に面していたのは良かったものの、夜には酔っ払った泊り客達でうるさく、お勧めできません。

<ロンドンの観光>
 トラファルガー広場とウエストミンスター寺院で、等身大のネルソン提督にもお目通りしました。彼は生前「勝利かウエストミンスターか」と言っていたそうですが、残念ながらセントポール寺院に埋葬されたそうです。しかしながら、わたしがヒールを履いて横に立つのが気の毒なほど、提督は小柄な人でした。この英雄がエマ・トンプソンとの愛人関係でちゃっかり子供を作っていたとは・・・、曲者です。ロンドンは5回目だったので、前回見残した場所を選んで観光したのですが、まだまだ残りが沢山あります。もし面白かったり興味深いところがありましたら、教えてください。次回?にいってみます。

 アスプレーハウス、ハイドパーク横のウェリントン公爵邸も見学しましたが、1・2階は一般公開されていて、3階から上は現在も公爵邸として使用されているそうです。彼はナポレオンとのウォータルー戦での勝利をひどく誇りにしていて、忘れられては困るとばかりに毎年この日に晩餐会を催し、(多分、勝った勝ったとしつこく武勇談を語って聞かせた)に違いありません。しかも、マダムタッソー蝋人形館で「ナポレオンの死」という展示物を見に行ったりしていたそうです。公爵邸では展示物の半分近くがナポレオン関係のものでした。いるのですねェ、こういう人が。敗戦の場合、塩をかけられたナメクジみたいに萎れるのに。主人は「こんなやつとの交際は御免こうむりたい」と言っていました。

 2度目でしたが、ウォレスコレクションは、小ぶりとはいえ、素晴らしい18世紀の芸術品の宝庫です。明るい中庭のテラスで軽食が出来ます。ここはご存知のように侯爵の庶子の邸宅です。

 4年ぶりのロンドンはやはり素敵でした。毎日パンを持って、ハイドパークの水鳥たちに餌をやりに行っていました。野生のリスとウサギはパンを食べず、ナッツと野菜が必要です。動物達は結構大胆で、すぐ近くまで寄ってきます。こういう公園が日本にないのが残念です。公園のお花畑は何処も馬糞のリサイクルで満開です。次回は郊外の町を対象にして訪れたいとおもっています。

 今回のロンドンで感じたのは、なんとまぁ太っている人が多いということでしょうか?これではアメリカ人並です。前回はもっと痩せていたように感じたのですが・・・。

 帰宅してから、新聞に悪名高いイベリア航空がとうとう身売りせざるを得ない状態で、買い手の最終選択を考慮していると書いてありました。あのサービスの悪さと横柄な態度では早晩こういうことになるだろうと思ってはいましたが、独裁権ならともかく、資本主義ではやたらとライバルの多いこの業界で、新興会社が抜き出てきていると言うのに、度重なるルートと便の喪失で経営が成り立たず、機内食を全面廃止して4年でこの有様です。売却先は10%株主のブリティシュエアーが有力候補に上げられていました。

スポンサード リンク


スペイン現地情報
スペインのファッション事情  スペインの社会事情あれこれ  スペインの社会事情あれこれ2  スペインの祝日  南アンダルシア地方の特徴  スペインの住宅事情  スペインのお手伝いさん 

フェリアの情報
スペインのフェリアについて  2007年 スペインのフェリア 

セマナサンタの情報
「聖なる週間・セマナサンタ」について  2007年 聖なる週間・セマナサンタ  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖月曜日)  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖水曜日)  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖金曜日) 

コラム
ロンドン滞在記  アメリカとイタリアの国民性の違い