スペインからのお便り

このサイトでは、オリエントの星さんより送っていただいたスペイン現地情報を掲載させてもらっています。オリエントの星さんありがとうございます!
スペインからのお便りスペイン現地情報

スペインの住宅事情

 アンダルシアの住宅はグアムと似ています。こちらに来て落ち着き先を探して、36軒ほどの住宅を観て回りましたが、何処も小さく細かく区切られていて、ちょうど日本のマンションのようでした。中には、お風呂場くらいしかない広さの部屋のところもありました。日本のように土地が狭く限られていてはどうしようも有りませんが、広々とした敷地内にテニスコートがあるのに、家は隅っこに小さくあるのは理解に苦しみました。

 年配のスペイン人によると、部屋はただ寝るところなので、小さくても気にしないといっていました。そう言われれば、確かに部屋の割には庭が広いところが多く、夜遅くまで起きて話し込むのには適していましたが、生活には不適当でした。

 第一、ベットがはいりません。しかも、家具を持ち込むともうぐるりと廻るのがやっとです。備え付けのクローゼットが全くないからです。今の日本でもこの広さでは・・?というところです。

 新興住宅ではかなり改善の兆しが見えますが、床は全部タイルです。ちょっとした家は大理石のところもありますが、これは夏の暑さを緩和しようという考えであることには間違いありません。夏の灼熱の太陽で冷房なしには居られない日々もありますし、確かに8ヶ月間の夏を過ごすためには良いかもしれませんが、ここは常夏ではありません。4ヶ月の春秋冬があります。

 この時期はどうしているかというと、床にカーペットを敷きます。壁はレンガ造りで冷たく、床はタイルとなると、冬場は足元から冷え、まるで冷蔵庫に居るようです。このレンガ造りはどうやら、断熱材を入れていないのではと思われる節があります。ただ積み上げて、しっくいとコンクリートで固めただけのようです。このタイル張りは物を落とした場合、破損は免れません。特にキッチンではこれが顕著です。ここにはカーペットを敷くことも出来ず、困ります。

 暖房はブタノと呼ばれる小型のプロパンを日本のような石油ストーブに設置して使います。これはキッチンでのレンジやオーブンにも利用しています。私の家ではプロパンを利用していて、ブタノはありません。床暖房もあり、タイルを通して足元からの熱で暖かいのですが、これを使うと5本分(通常では約8ヶ月持つ分)がなくなり、月額3万円以上かかるので使いません。

 外はというと、庭もタイルで固めていると事が多く、これが照り返しとなってかえって暑く感じます。町の航空写真を見ても、芝生や木々が極端に少なく、砂漠のようです。雨も殆ど降らず、シェリーやオリーブオイルには最適の気候です。

 しかも、5月頃からアフリカからの乾いた季節風ラ・バンテが吹き始め、多くの人が鼻炎に悩まされる時期がありますが、これも緑が多ければある程度緩和されるのではないか、というのが私の意見です。

 こちらの木の代表は松です。これが大抵のところに植わっています。夏場は40度を越す暑さでもエアコンなしの家が殆どです。この天然クーラーを使用する場合、網戸は必須条件ですが、これ無しで何世紀も過ごしているのは、又理解に苦しみます。家を借りるにあたって大家さん達にこの網戸を依頼したのですが、誰も承諾しませんでした。理由は「嫌いだから」です。今年も大家さんに持ちかけたものの、返事が保留のままで、今年は勝手に網戸を入れてしまおうかと考えているところです。

 去年は異例の暑さで、長年天然クーラーの恩恵に甘んじている前の家は、暑さのためではなく蚊の攻撃に合い、エアコンを考えたそうです。ここで、私達が考えることは、まず経費の面から網戸を入れて見て、それでも暑いようならばエアコンを考えるという順路を取りますが、いきなりエアコンを考え、網戸を通り越す考え方に、この国を観ることが出来ます。

 前に話したように、ここでは、物事を便利な方向へと改善するのではなく、今までの状態を維持するために、自分達がそれに合わせて最小限の犠牲を払いながら行動するということを優先しているからです。

 カフェやカフェテリアで蝿の攻撃にあいながら、平然として食事を続ける姿が見られます。

スポンサード リンク


スペイン現地情報
スペインのファッション事情  スペインの社会事情あれこれ  スペインの社会事情あれこれ2  スペインの祝日  南アンダルシア地方の特徴  スペインの住宅事情  スペインのお手伝いさん 

フェリアの情報
スペインのフェリアについて  2007年 スペインのフェリア 

セマナサンタの情報
「聖なる週間・セマナサンタ」について  2007年 聖なる週間・セマナサンタ  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖月曜日)  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖水曜日)  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖金曜日) 

コラム
ロンドン滞在記  アメリカとイタリアの国民性の違い