スペインからのお便り

このサイトでは、オリエントの星さんより送っていただいたスペイン現地情報を掲載させてもらっています。オリエントの星さんありがとうございます!
スペインからのお便りスペイン現地情報

スペインのお手伝いさん

 家を捜していたとき、多くの古い家(築20年以上)にキッチンの横に部屋とトイレが付いているのに気づきました。これは以前いた住み込みのお手伝いさん専用でした。お手伝いさんなんて、いまの先進国ではとても贅沢で、おいそれとは雇えませんが、スペインでは、今でも通いなら時給5-6ユーロで可能です。特に6ユーロとなると地元ではちょっと値が張りますが、アメリカ人の家庭なら大丈夫とばかりに志願してきます。

 このお手伝いさんに週1回来て貰い、3時間くらいかけて掃除を箒で掃き、モップ掛けをしてくれるところが大半です。うちの大家さんの所は毎日で、ホテル並です。この時代に箒を使用しているところは結構多くて、吃驚しましたが、確かに3時間かけて時間稼ぎをすることが出来ます。私の知り合いでもかなりの人が雇っていましたが、問題もかなり多いと聞きました。

 一人は地元の仲良し看護婦のラリーです。彼女は共働きなので、朝出勤前に来て貰い、幼稚園前の息子のベビーシッターも兼ねてという契約だったそうです。ところが、彼女達が出勤した後は、長電話で過ごすことが多く、電話代が200ユーロと吃驚するような請求が来たそうです。しかも、ベッドカバーはなくなるし・・、ということでとうとう首にしたそうです。

 主人が首を言い渡した後、かのお手伝いさんは腹いせにラリーのハンドバッグの中から、お財布を盗み取って出て行ったそうです。これに気づいた時すぐに警察に走ったそうですが、警察に「目撃者は?」と聞かれ、夫婦で名乗ったのに、「家族以外でなければ目撃者にはならない」と押し問答されたそうです。かくして泣き寝入りとなり、カードや身分証明書の再発行手続きに手間取ったと話してくれました。

 クリスティーナのお手伝いさんは長年働いていて、私も会ったことがありますが、感じの良い人でした。「留守にしても安心して任せられる」と彼女は言っていました。

 看護婦の資格を持っているのに、コネがないために就職できず、お手伝いとして働いている人を雇った日本人の話です。二人で仕事をしたいと、彼女はある日友達を連れてきたそうです。これなら3時間のところを2時間以内で終えてくれそうと承諾をしたそうですが、いつも通り3時間かけてしゃべりながら(これがスペイン人の悪い癖です)仕事をして、二人分の給料を払ってくれと言われたそうです。この話しを聞いた彼女の夫が、電話で首を言い渡したそうです。

 こういう話を聞くと、ちょっと考えてしまいます。それでお手伝いさんは雇っていません。

スポンサード リンク


スペイン現地情報
スペインのファッション事情  スペインの社会事情あれこれ  スペインの社会事情あれこれ2  スペインの祝日  南アンダルシア地方の特徴  スペインの住宅事情  スペインのお手伝いさん 

フェリアの情報
スペインのフェリアについて  2007年 スペインのフェリア 

セマナサンタの情報
「聖なる週間・セマナサンタ」について  2007年 聖なる週間・セマナサンタ  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖月曜日)  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖水曜日)  2007年 聖なる週間・セマナサンタ(聖金曜日) 

コラム
ロンドン滞在記  アメリカとイタリアの国民性の違い